なぜマイナンバーカードは日本人に敬遠されるのか? 伝わらない利便性、国への不信感

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190705-00000802-zeiricom-soci

普及率がいまだ13%となかなか普及しないマイナンバーカード。その影響もあり、ワンストップの確定申告や、子育て支援など生活に便利な機能を持つ、政府のオンラインシステム「マイナポータル」も宝の持ち腐れ状態になっている。
早くからマイナンバーの活用を提唱し、「デジタル経済と税」(日本経済新聞出版社)などの著書がある、東京財団政策研究所の森信茂樹研究主幹は、
「税務申告が簡単になるマイナポータルは、フリーランスや副業を選択する人のセーフティーネットになる」と強調する。マイナンバーカードとマイナポータルの将来性について聞いた。

【BEYOOOOONDS】前田こころちゃんスタイル抜群Part14【雨ノ森 川海】

前田こころ(まえだ こころ)

生年月日:2002年6月23日(17歳)
血液型:A型
出身地:埼玉県
特技:空手(二段)
趣味:ハロー!プロジェクトの動画を見ること
好きな音楽ジャンル:ハロー!プロジェクトの曲
好きなスポーツ:ドッジボール
座右の銘:真剣勝負
ハロプロ研修生加入:2016年4月
ハロー!プロジェクト加入:2018年6月
(雨ノ森 川海)
メンバーカラー:シーブルー

公式プロフィール
www.helloproject.com/beyooooonds/profile/kokoro_maeda/
cdn.helloproject.com/img/rotation/4dded7da075f14f5ea7d7b8a43cdb68d927ea29b.jpg
cdn.helloproject.com/img/rotation/f9f7c106d89371d0e4ffe5e8d1a417e80002f9f5.jpg
i.imgur.com/0e7APyJ.jpg
tp://news.walkerplus.com/article/184233/1097756.jpg
tp://news.walkerplus.com/article/184233/1097751.jpg
雨ノ森 川海 オフィシャルブログ
ameblo.jp/beyooooonds-rfro/

避難所スレ
【BEYOOOOONDS】前田こころちゃん避難所【雨ノ森 川海】
jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20619/1546936523/

前スレ
【BEYOOOOONDS】前田こころちゃんスタイル抜群Part13【雨ノ森 川海】
https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1560717586/

韓国の化学株が連日の大幅高、「日本の独占を崩せる商機」「輸出規制のおかげ参入余地が広がった」 素材メーカーは歓迎一色

日本の報道では、影響は韓国の方が圧倒的に大きく、
韓国の経済が立ち行かなくなるといった見方が多い。実際、いくつかの韓国の有力紙も、
経済的影響を懸念して韓国の文在寅大統領の方針に批判的な見解を発表した。

 ただ、その一方で、韓国のツイッターやブログに目を向けると、
日本の主要メディアの見方とは大きく違った様相が見えてくる。経済産業省の今回の措置を「歓迎」する声が実は多いのだ。

 具体的には、「これらの材料を製造するのは難しくない」
「文政権は半年前から、この事態を予想して、これらの材料の製造準備を始めている」
「規制された材料を韓国で内製すれば、日本に対する貿易赤字を減らせる」
「現代の真珠湾攻撃。勝つのは我々」――といった声があふれている。

材料の製造メーカー候補が続々
 ナショナリズムから空威張りしているだけ、と見ることもできるが、韓国側にこれらの
材料を製造する能力がないとも言えないようだ。ツイッターなどでは、その根拠として、
3材料を製造できる可能性のある企業名がいくつか挙げられている。例えば

SKCKolonPIはその社名から分かるように、ポリイミド(PI)の製造が本業のメーカー。
Foosungは、Liイオン2次電池向け電解液材料である六フッ化リン酸リチウム(LiPF6)や、
フッ化水素と並んで半導体の製造に用いられる三フッ化窒素(NF3)を製造するメーカー。
日本国内でフッ化水素を製造するメーカーは、やはりこれらを製造しており、技術的な距離が近いといえる。
2019年7月3日、Foosungの韓国市場での株価は一時、前日比10%も跳ね上がった。

「特別優遇がない2003年までの状況に戻っただけ」(ある日本の識者)という見方もある。し
かし、韓国の企業の技術力は2003年当時とは比較にならないほど高い。ソニーなど
日本のメーカーが最初に開発した有機ELディスプレーが、今や韓国メーカーの主力製品になっているのも、
韓国の技術力への油断があったことが背景にあるとの指摘がある。

 今回の経済産業省の措置は、国内外で「経済的な真珠湾攻撃」などと例えられているが、
“効果”があるのは、これらの韓国企業が代替材料を開発、製造するまでの間に限られる。
政府間の対立が長期化すれば、約80年前の真珠湾攻撃がそうだったように、
日本も深刻な影響を被りかねない。具体的には、内製を果たした韓国メーカーが世界市場でも席巻し、
日本メーカーが誇っていた材料の高い市場シェアをみすみす失いかねない。
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00001/02512/?P=3